貯蓄預金のデメリット

貯蓄預金といえば、普通預金よりは金利が良いながらお金の出し入れが自由で、使い勝手の良さそうな商品ですが、あくまでも定期預金より金利は低く設定されています。発売当時は注目されたものの、現在は、ネット銀行の高金利の定期預金は大人気ですし、各銀行のバラエティに富んだ商品の前では、貯蓄預金のメリットはあまり感じられない、というのが現実のようです。

デメリットの第一に挙げられるのが、決済用の口座としては使えないということです。公共料金やローン、クレジットカードの利用代金などの引落し口座や、給料や年金を受取る口座にも指定できません。出し入れが自由でも普通預金のような「おサイフ感覚」で日常的に使える商品ではないのですね。

デメリットの第二は、預金残高に最低基準額(大抵は10万円)があり、それより少なければ普通預金と同じ金利にしかならないということです。貯蓄が目的であるのなら、10万円以下の場合は定期預金として預けておいた方がお得ということになりますね。「スイングサービス」を利用し、普通預金からの資金移動で貯蓄預金口座を基準額以上にすることはできますが、利用するたびに手数料がかかってしまいます。また、スイングサービスの実行日とクレジットの引落し日が同じだったりしたら、よほど余裕が必要になりますね。

そして最も残念なのは、現在の低金利の時代では貯蓄預金の「残高によって金利がステップアップする」という最大のメリットが発揮されていない、という事です。銀行の商品説明書には「適用利率は随時変動し、金融情勢等によっては各段階の金利が同一となる場合がある」ことが明記されています。実際に貯蓄預金を取り扱っている銀行の現在の金利を調べてみると、地方銀行などの一部を除いてほとんどの銀行では預金残高がそれぞれの段階の基準額になっていても、金利に違いがありません。普通預金金利と同じなのです。これではイオン銀行や楽天銀行などネット銀行の、短期間で満期が来る定期預金を利用した方がお得だということになってしまいますね。

※サイト外の参考になるページ

金利が魅力の円預金|楽天銀行