貯蓄預金の活用法

貯蓄預金が他の預金と違うのは、毎日の預金残高に応じて金利が計算されるという事です。残高の最低基準額は10万円の事が多く、それ以下だと普通預金と同じ金利にしかなりません。預金残高が増えれば増えるほど、預金金利もUPしていく仕組みです。決済口座としては対応していないため、家計管理というよりは名前の通り貯蓄のための商品で、もちろん預金保険制度の対象となります。

普通預金も残高に対して利息が付きますが、金額にかかわらず金利は一定です。貯蓄預金は毎日の残高の額によって利息の額も違ってくるので、こまめに残高をチェックし、余剰のお金やすぐ使う当てのないお金を入金しておくことですね。手元に置いたり普通預金に入れたままにしておかないで、貯蓄預金に入金して残高を増やせば、少しでも高い金利を手にすることができます。また公共料金やクレジットの支払いなど、普通預金口座からの引落しがあるものや使う予定のあるものなどの口座と分けておくことで、お金の管理がしやすくなります。

「スイングサービス」を利用して普通預金と貯蓄預金間で資金移動ができますが、サービスの利用やATMの利用回数によっては手数料がかかることがあります。毎月の利息分よりも高くなることもありますから、注意が必要です。

しかし、昨今の銀行預金は依然として低金利状態が続いています。各銀行のホームページで貯蓄預金の金利を確認すると、残高が違ってもほぼ普通預金と同じ金利しかつかないところが多いようです。貯蓄預金は引出しが自由なお金の保管口座と考えて、一定額が貯まったら金利の高いスーパー定期や、ネット銀行の定期預金に預けるなど、資産運用のために効率よく利用するのがいいでしょう。